小さいサイズのコピー機

導入する際の方法を決めよう

途中で解約することはできない

購入・リースそれぞれにメリットデメリットがありますが、代理店ではリースという導入方法がよく選ばれています。リースとは期間を決めて、その期間内はコピー機を自由にオフィス内で使えるシステムです。うまく使うと費用を安く抑えられますし、最新のコピー機を使えるのでメリットが多く、一般的に購入するよりも、リースの方が安く済むと言われています。

費用を抑えたい人におすすめですが、途中で解約はできません。
契約している途中でコピー機がいらなくなり、どうしても解約したいなら違約金を支払う決まりになっています。
余計な費用が発生しないよう、コピー機を使う期間をしっかり考えてください。
不安な人は、短い期間を選択するのがおすすめです。

短期間を契約しよう

リースの期間が終了した時に、新しいコピー機に変更して再び契約を交わすことができます。
数年が経過すれば新機種が登場し、それを使いたいと思う人が多いでしょう。
ですがコピー機を購入すると、なかなか買い替えることはできません。
頻繁にコピー機の種類を変えたい人は、短い期間でリースするのが賢い方法です。

リースしている間も、どのようなコピー機が登場しているのか情報を収集してください。
また積極的に新機種を導入している業者から、コピー機をリースすることもポイントです。
業者によっては種類が少なく、希望する新機種を借りられないかもしれません。
他にも必要なOA機器があれば、それらを扱っていることもリース業者を選ぶ上での条件です。