小さいサイズのコピー機

便利な機能が搭載されている

コピー以外の機能

もちろんコピー機という名前ですから、書類をコピーすることはできます。
しかし最近のインクジェットのコピー機には、スキャンしてデータを取り込んだり、FAXを送受信できたりする機能が搭載されています。
それらもオフィスでは必要な機能ですし、コピー機に備わっていれば、スキャナーとFAXを導入する必要がありません。
費用を削減でき、OA機器が増えないので狭いオフィスでも助かりますね。

またWi-Fiに繋げられるコピー機だと、スマートフォンから直接データを送って印刷できます。
これまではUSBケーブルに繋ぐ必要があり、面倒だったと思います。
スマートフォンからデータを送れると、自分がどこにいても使えますし、部屋がケーブルで散らかりません。

使用するインク

文章を主に印刷するのであれば、4色のインクを使っているコピー機で十分です。
しかし写真を印刷する機会が多いなら、綺麗に印刷できるよう、6色のインクを使うコピー機を選択してください。
インクの数が増えると、より鮮明に印刷できるようになります。
さらに染料インクが写真の印刷に向いているので、使用するインクの種類までチェックするとよいでしょう。

またそれぞれのインクが独立しているものや、一体になっているものもあります。
独立しているインクは、なくなったらその色だけ交換することができますが、一体型の場合は全てのインクを一斉に交換しなければいけません。
ですから独立しているインクより、ランニングコストが高くなりやすいので注意が必要です。