小さいサイズのコピー機

インクジェットがおすすめ

コピー機を選ぶ際は、まず大きさに気を付けてください。
あまりにも大きいコピー機だと、置き場所に困ります。
無理に狭いスペースに置くと、パソコンなど他のOA機器を置けなくなり、仕事をするスペースも狭くなるのでデメリットが増えます。
ですからコピー機を置く場所を決めてから、そこに収まる程度のものを選択しましょう。
最もおすすめなのは、インクジェットという種類です。
インクジェットは家庭でも多く使われており、コンパクトな見た目が特徴となっています。

コピー機を導入する場合は、購入しても良いですし、リースをしても構いません。
しかしリースをする時は、契約期間内は解約できなくなります。
そのため、どのくらいコピー機を使うのかよく考えてください。
ずっと使い続ける場合でもリースにすると、定期的に新しいコピー機に交換できる面がメリットです。
常に最新のコピー機を使いたい、最新のコピー機に興味がある人は、短い期間を設定してリースをしましょう。

さらにインクジェットのコピー機でも、インクの色や対応する数、スキャンなどの機能、さらにWi-Fiに繋げることができるのかという部分がそれぞれ異なります。
どのようなものを印刷するのか考慮して、必要な機能が備わっているコピー機を選択してください。
Wi-Fiが使えるコピー機だと、USBケーブルを使わず、簡単にスマートフォンからデータを送って印刷できます。
すると仕事を、スムーズに進められるでしょう。

スペースを取らないように

様々な種類のコピー機があるので、まずは特徴を知ってください。 すると狭い場所で使うのに、最も適しているコピー機がわかると思います。 コンパクトなコピー機でも機能性は優れているので、仕事の悪影響を与えることはありません。 安心して、経営に活かしましょう。

導入する際の方法を決めよう

代理店がコピー機を導入するには買う方法と、リースという方法があります。 購入は新品や中古のコピー機を買う方法で、所有権が代理店にあるため好きなようにいつまでも使えます。 リースはコピー機を借りる方法で、使えるのは契約期間内のみ。使用後は返却するため、継続使用を希望する際には再び契約をします。

便利な機能が搭載されている

スキャンができる、Wi-Fiを繋げられるなど、たくさんの機能を持ったインクジェットのコピー機を探してください。 機器が多いと他のOA機器を導入しなくても良くなりますし、仕事が円滑に進みます。 また同じインクジェットのコピー機でも、使用するインクの数や種類が変わります。